スマートフォンの代わりにモバイルルーターのレンタルで通勤時の通信費を節約!

>

モバイルルーターのレンタルで通勤途中の通信費の悩みを解決?

大手キャリア会社のスマートフォン通信料

まず2018年現在、NTTdocomo、Au、softbankの三大通信キャリア会社で、普通にスマートフォンを契約した場合の基本料金は、データ通信量5GBまでで月額7560円と、どこも横並びです。
スマホでネットを利用する時間が、毎日の通勤や外回りで必要な際などで、せいぜい一日2、3時間程度であれば、高解像度の動画視聴などに使わない限りは十分の容量です。
なおこの金額にスマホ端末料金は含まれません。
さらに通話を使うと、そこに通話料金も上乗せされることになります。

また月内でデータ使用量が5GBを越えると速度制限かかかり、その月の間はネットの通信速度がかなり遅くなります。
これは翌月1日になるか、追加でGB容量を購入することで解消されます。
キャリアやプランによっては、一月のGB上限内でも、短期間(3日間程度)に大量のデータ通信を行うと、一時的な速度制限がかかる場合もあります。

基本解説!モバイルルーターとは何?

モバイルルーターとは、ポケットに入る大きさで持ち運びできる通信端末のことで、ポケットWIFIとも呼ばれます。
種類にもよりますが、これをひとつ持ち歩いていれば、通信エリア内であれば、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、複数の機器でインターネットに接続できます。
つまりモバイルルーターを持っていれば、通信キャリア会社と契約したスマホがなくても、タブレットなどでスマホと同じようにネットを利用できることになります。

このモバイルルーターも、スマートフォンと同じく、必要な通信プランで業者と契約する形になります。
モバイルルーターの業者には、UQ Wimax、Y!mobile、YahooWIFI、スマモバなどがあります。
契約には手数料などの初期費用が必要ですが、キャンペーンなどで無料になる場合も多いようです。


この記事をシェアする